音楽制作の現状

ひと昔前までの音楽制作は、企画に携わるプロデューサー、録音技術を担当する音響技師、アレンジャーなど、複数の専門家によって行われていました。しかし今日では、音楽プロデューサーが録音から完成まで、音楽家とコミュニケーションを取りながら一人で行うことが多くなりました。今の時代にこのジャンルで成功するためには、多様な能力と並んで、音楽と技術的なノウハウを融合させる実践力が求められています。  

 

コース内容

器楽演奏や器楽教育学を専攻する学生とは違い、このコースで学ぶ学生は幅広いサポートを必要としています。このコースの基盤は、最新のハードウェアとソフトウェアに関する知識ならびにそれらを扱う能力を習得することです。 それに加え、制作の際の音楽家とのコミュニケーション能力、そして様々なアイディアを表現に結びつける能力を身につけていきます。高いコミュニケーション能力と、ドラム、歌、ギター、ベースなどに関する知識は、ピアノやキーボードの演奏技術と並んでこのコースで習得する重要なスキルとなっています。